不動産広告キャッチコピー集>豪華形


芦屋感動街区。
海と緑、そして街並みの調和が美しい街「芦屋海岸通パークサイドビュー」

・感動区銘打っているが、高級住宅地は海側でなくて山側。芦屋は海側よりも山の手から街を見下ろすことに感動があるのではないだろうか。


ドラマティックを纏うタワー、UMEDAに現る。
梅田を舞台にするドラマが今、始まろうとしている。人々を惹き付けて止まない大都市・梅田の玄関口に凛とそびえ立つ新たなランドマーク、超高層35階建タワーマンション「レジデンス梅田ローレルタワー」誕生。
遂にその全貌明らかに。今秋完成披露となるその勇姿にどうぞ、ご期待ください。

・一体どんなドラマなのか、全く想像がつきません。UMEDAも英字表記は誤字かと疑ってしまうほど必要性が無いです。本文では漢字ですし。
ところで梅田って人々を惹き付けて止まないんでしょうか


『環境の高さ』を誇る、都心タワー。その完成景。
緑と水の大空の下に。こころ洗われる清爽感、都心タワーの白眉、ここに結実。

・環境って高いものなのか??良い悪いなら聞いたことあるけど。 あと、完成形ではなく完成景、これも見逃してはいけません。


タワーの進化景、誕生。
ここまで望めるタワーがあっただろうか。梅田、中之島をテリトリーとした圧倒的な交通利便性を誇りながら、大阪最大級の照合を手に入れた地上45階建ての超高層レジデンスは、今ここに一つの究みを迎える。
大阪進都心に、大阪最大級という革新を。

・「景」パクってますね。それともこの表現はマンションでは普通なんでしょうか
福島ってそんなに交通利便性が圧倒的ってわけでもないような。。地下鉄来てないし。


梅田の夜景か。それとも大川を見下ろすこの絶景か。

・二択かあ。こういう景色って、住んでると飽きてくるんですよね。


2009.11.4.現地撮影。この眺望は、想像をはるかに超えるものだった。

・また景色関連。あれほどいったのに。。。景色で買う人は、あんまり居ないんじゃないかと。 それはいいとして、「当該眺望・環境は将来変わる場合があります。」と、すごく小さい字で書いてあるのが笑える


梅田を極める
大阪梅田を求める大人達に贈る超都心立地マンション。

・なんとなく、買っても極められないような気がします。


UD90
梅田ドメイン。
都心スタイル総90邸のタワーレジデンス誕生。

・AKB的なノリでつけてスベっている例です。わかりにくい!!


地の恩恵、邸の資質。
JR大阪駅へ徒歩11分。大阪の将来像を大きく進化させる「うめきた(大阪駅北地区)」近接ゾーンの一角に、新しい都心住居のための「ザ・パークハウス 大阪福島」、 南向き中心の112邸が誕生します。

・タイトルでイキってみたものの詳細説明がどうも歯切れ悪いですね。


UMEDA CLASS
「梅田くらす」で検索
阪急梅田駅徒歩8分 地下鉄御堂筋線中崎町駅1分

一見、たいした事ないキャッチコピーですが、実は深いです。
「梅田くらす」(おそらく梅田に暮らすの意)が係っていたり、
本当は中崎町なんだけど気持ちは梅田級(クラス)という所も係っていたり
オヤジギャグを超えて俳人クラスです。


駅前とは思えない豊かさ。駅前とは思えない明るさ。
豊中スーパープレミアム

なんで駅前ディスってるんですかッ!?


天王寺に新たな歴史を刻む。
光景(シーン)となる象徴(シンボル)

キラキラネームの時代を思わせる読ませ方ですね。


神戸発、日本にひとつ
憧れという日常をつくろう。

It's a Japanese dream.
神戸を、そして日本を代表する景観へ。

とりあえず、大きく出ましたね!
日常になったら憧れでなくなるっていう・・。ジャパニーズドリームは多分これじゃない!


唯ひとつ、残された上質。
夙川松下町。景勝誇るこの地に、唯一無二となる16邸を。

今建てたのに、「残された」は無いでしょうに・・・。

四条烏丸、その輝きの虜になる。
南向き中心、総49邸。
四条通沿い10年ぶりの新築マンション。

・南向き中心とちょっとぼかしているところが可愛らしいです。

名声の湖畔に、名を刻む。
歴代のアメリカ総領事をはじめ錚々たる方々が暮らしてきた風光の地、ニテコ池。
その美しき湖畔最後の聖域が、今、開かれる。

・湖畔なのか池なのか・・・混在していますが、それがどうでもよくなるくらい「最後の聖域」が強烈です。

進化を止めない大梅田、その先端へ。

先端といいつつ、梅田の隣の区物件なので梅田ではないのですが・・・あるあるですかね。。


豪華系 前のページへ

Copyright (C) 不動産広告キャッチコピー集 All rights reserved 2006