不動産広告キャッチコピー集>豪華形


退屈はいらない。ドラマが欲しい。「住む堂島」始まる。
大阪の中心を守り続けた、歴史ある堂島の、新しい顔になる。
西日本最大のターミナル大阪・梅田に近接する「堂島」。明治時代、この地には初代大阪駅が置かれる予定でした。
計画の変更で実現をみなかったものの、そのことを思えば、交通はもちろん生活の利便性に優れた街へと発展した今日に納得がいきます。
堂島といえば、日本の米相場の中心であった「堂島米市」。そして”東洋のマンチェスター”と呼ばれた紡績業のメッカ。
さらに近年はメディアや文化の先進的なエリアへ。大阪が天下の台所と言われたころから堂島は、
商業・金融はもとより日本経済の中心的な役割を果たしてきました。
大阪発展の礎を築いたといっても過言ではないその地に今、堂島アドレス初のタワーレジデンスが誕生します。

「退屈はいらない。ドラマが欲しい」と銘打ったものの、それに繋がる訴求が出てきませんでした。いわゆる出オチ??


その輝きは時を超える 永遠の「山の手」プレミアム。
THE STAR
永遠に輝く 人・街・暮らし。

神戸北野・トアロード
奇跡としか言えないこの地との出会い。

綺羅星のごとき人々が棲む、
邸宅思想の到達点、ここに。

神戸北野・トアロードこの地だからこそ成しえた
先鋭的な感性と想像力の結晶。

えと・・・・まあ・・・いいんですけどね、神戸山の手
でも、さすがにここまでではないかなあと
綺羅星のごとき人々って意味不明です。


新緑を纏う、箕面・丘の上の邸
それは箕面の街を見晴らす丘陵地に構えた、現代のエルミタージュ<隠れ家>。
箕面国定公園という永遠の森を背景に、
深緑を纏い、箕面・丘の上の暮らしが、いま始まろうとしています。
それは、まるで天上の城と称される、
ドイツのハイデルベルグ城やホーエンシュバンガウ城を髣髴とさせる姿。
箕面を極めた、新たな象徴の誕生です。

箕面・丘の上に佇む、全97邸。箕面観光ホテル横・幼い頃−夏に過ごした思い出の地に誕生。

これ以上は望めない。
「ネバーランド箕面 ロワイヤル」は眼科に大阪平野の眺望を望める、箕面の丘陵地に誕生するマンション。
丘陵地の暮らしに、住まう人の個性が光る。
国定公園を背景に、緑の調和と異彩を放つ存在感を携えて選ばれし97邸が、
天空にそびえる箕面の丘陵地に誕生します。

色々な表現で飾っています。。しかし、なんか山奥っぽいんですけど大丈夫でしょうか?
「幼い頃−夏に過ごした思い出の地」のくだりがヤバいです。
追い討ちをかけているのが「これ以上は望めない。」のコピー。一体何が??


ひとつ上の理想を描く大人達へ
駅から徒歩5分の充足感、成熟した街の品格。
麗しき北千里古江台3丁目。
北千里を抱く。古江台を誇る。
花と緑と光と風につつまれた美しき人生の舞台へ。

・入りの部分が少し上からの物言いなのが少し気になりますね。あと、色々な物につつまれすぎ。


芦屋の地は、永遠にさびない
歴史に生き、上質に住まう。山の手「芦屋」の私邸。コモンコート芦屋岩園。
高く、遠く。我が心象風景。
芦屋レーヌの街角は、なにげない毎日が上質。
「芦屋」という響き。憬れには理由がある。
その絶景、芦屋岩園町。いよいよデビュー。

・芦屋っていいですね。


平成の城である
かつての城内に建ちあがる平成の城
地上40階。高さ130mの超高層。
新たな都市タワーレジデンスの誕生です。

・ま、城って言っても普通のタワーマンションなんですけど。


次代へ誇りたい街がある
多彩という名の邸。
JR「大阪」駅へ徒歩13分の地に複合機能都市・誕生。

・「●●という▲▲」このシリーズも非常に安易。●●には抽象名詞が入るのが一般的です。
ちなみに「大阪」駅徒歩13分の地図を見てみると、JR福島駅徒歩2分。素直じゃないね。


芦屋感動街区。
海と緑、そして街並みの調和が美しい街「芦屋海岸通パークサイドビュー」

・感動区銘打っているが、高級住宅地は海側でなくて山側。芦屋は海側よりも山の手から街を見下ろすことに感動があるのではないだろうか。


Tokyoという時間の価値を手にする。
5駅9路線のスーパーアクセスが活かせるスタイリッシュステージ、誕生。
多彩なアクセス網が都心主要エリアに直結したアクティブな日常。
上質でスタイリッシュな住空間が奏でる心からのくつろぎ。
「アクサス ベーシック秋葉原」ー。
ここは、オンとオフを自在に切り替えて、軽やかにTOKYOを楽しむステージ。

英字で表記するとかっこいいパターンですね。わかります。
冒頭ではTokyo,後半はTOKYOと記載されているのも見逃せません!



豪華系 次のページへ

Copyright (C) 不動産広告キャッチコピー集 All rights reserved 2006